森林活動支援

森林活動することで社会貢献に繋がります

 

どのような社会貢献活動をすればいいのか悩んでいる企業

の皆さんに、森林活動支援をご提案しています。 

森林活動を行うことは、多くの社会的意義があるからです。

森林は、木材生産のほか、雨水を蓄える水源かん養、表土

流出の災害防止、騒音緩和や二酸化炭素(CO2)の吸収などさまざまな機能があります。

木を切ることも、社会貢献につながる

森林の4割を超える人工林(1140万ヘクタール)のうち、間伐が必要なのは530万ヘクタールで

半数近くにのぼります。現在の日本の森林は、間伐しないため枝葉が込み合い、森林に光が入ら

ない状況です。そうなると、幹が成長できず細いままの木々になってしまいます。企業や市民ボラ

ンティアによる間伐作業が増えてきていますがまだまだ人手が足りません。 

 

温暖化防止策としての森林

日本は、京都議定書の第一約束機関(08?12年)で義務づけられた温室効果ガスの削減目標6%

のうち、3.8%(1300万炭素トン)を森林吸収でまかなう方針をたてています。間伐などの手入れ

がされていない森林では、CO2の吸収能力が低く、間伐などの管理がされている森林はCO2の

吸収がよく、また木材としての価値も高くなります。 

 

森林を育て、木材を使うことで循環がうまれる

企業や市民ボランティアが森林で活動をするだけではなく、木を上手に使うことも必要です。木材

は育てて繰りかえし使える、天然資源です。日本の人工林は下草刈りや間伐、植林をすることに

よってはじめて循環型な森林になります。

学びのフェス2016春動画